12月の企画展

2022_表面_エンジ_20220811_edited.jpg
「ツルカワとまおのザ・コレクション!2」
12/10(土)~12/18(日)12:00~18:00
※14日(水)休廊


【参加作家】
よりそう
*糸結花人coiffure*
ヒトトセ
yumituru
Nolism
minimums
leap
TAKATORI MEGUMI

​(順不同・敬称略)


※土日の12~15時は事前予約制となります※
予約開始は11月15日(火)午前8時です。

(外部サイトとなります、そちらのページの要項を熟読の上ご予約下さい。
また、電話やHPのお問い合わせフォーム、TwitterのDMから等の予約はできません)

・一枠40分・2名様までの予約受付となります。
・来廊希望日前日まで予約可能です。
(キャンセルは当日でも受け付けます。)

・ツルカワは全日在廊
・和田まおは土日と平日の一部在廊 ※変更の可能性もございます


※この時間帯以外はフリー入場となりますが、
一度に入場できるのは2名様までの入場制限がございます※


 ギャラリー主ツルカワと
友人であるminne作家アドバイザーの和田まおとの共同企画です。
ふたりの思い出深い私物のハンドメイド作品を持ち寄って展示し、
その作家さんの新作も販売するというものです。
(※和田は私人としての参加で、この企画はminneさんには一切関係ございません)

 
 
2018年12月の第1回から、4年の時を経て
「ツルカワとまおのザ・コレクション!」が帰ってきました。
 前回好評につき「またやりたいね」と話していたものの、
お互い多忙だったり、生活の変化があったりと、なかなか実現に至らず、
また、世情もその間に大きく変化しました。

なにかと不安定な世情です。
「ハンドメイド作品を作る」「ハンドメイド作品を楽しむ」といった文化は、
贅沢なものへ、限られた裕福な人への娯楽へと変化していくのかも知れません。
 それでも「ハンドメイドは現代人の可能性を図るツール」と考えたいです。

ごく普通の生活のなかでこそ、向き合える「ものづくり」。
そして、その中でやりとりされるのは、モノだけでなく、人間同士の心でもあるという世界。
やっぱり、この文化が在り続けることを諦めたくないです。

 作品を売るだけでなく、その作家さんへの思いをも届けようとする、このコレクション展。
 今回の参加作家さまは、ツルカワサイド5名・まおサイド3名の8名。
前回とはがらり変わり、雰囲気も一新してお届けします。
ぜひ、この展示から再び「ハンドメイドの豊かさ・面白さ」が伝播していけば、
これ以上望むことはございません。
 前回と同じく、展示作家さんの作品をご紹介するカタログも販売します。
 どうぞ、お楽しみ下さい!




 
2022_宛名面_20220811_edited.jpg